KYOWA KIRIN

このサイトは、日本国内の医療関係者(医師、薬剤師、看護師、技師・技士等)を対象に、弊社が販売する医療用医薬品を適正にご使用いただくための情報を提供しています。国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。
このサイトのご利用に際しては、協和キリンメディカルサイトのご利用条件が適用されます。

オングリザ錠 製品紹介

インクレチン

インクレチンとは

インクレチンは食事摂取にともない消化管から分泌され、膵β細胞でのインスリン分泌を促進するホルモンの総称です。代表的なインクレチンには、グルカゴン様ペプチド-1(GLP-1※1)とグルコース依存性インスリン分泌刺激ポリペプチド(GIP※2)の2つが挙げられます。GLP-1は下部小腸のL細胞から、GIPは上部小腸のK細胞から分泌されます。
GLP-1およびGIPが膵β細胞の受容体に作用すると、細胞内サイクリックAMP(cAMP)上昇を引き起こし、分泌の増幅経路を活性化します。増幅経路が活性化すると、KATPチャネルを介した主経路である惹起経路が増強され、インスリン分泌が増強されます(図1)。この作用は血糖値に依存しているため、空腹時の正常血糖状態および低血糖状態では認められず、低血糖を助長しません。

※1:
GIP; glucose-dependent insulinotropic polypeptide
※2:
GLP-1; glucagon-like peptide-1

図1.

インクレチンとは
GLP-1およびGIPの主な作用
  GLP-1(グルカゴン様ペプチド-1) GIP(グルコース依存性
インスリン分泌刺激ポリペプチド)
分泌部位 下部小腸のL細胞 上部小腸のK細胞
膵での作用
  • 膵β細胞:血糖依存的なインスリン分泌促進
  • 膵α細胞:グルカゴン分泌抑制
  • 膵β細胞:血糖依存的なインスリン分泌促進作用
膵以外での作用
  • 中枢神経系:食欲抑制
  • 肝臓:糖新生抑制、グルコース産生抑制
  • 脂肪細胞:脂肪蓄積を促進
インクレチンの多様な作用

GLP-1およびGIPは血糖依存的にインスリン分泌を促進するほかにも多様な作用を有しており、中枢神経、心、肝、脂肪細胞、筋、胃・腸管などでさまざまな効果をあらわします。
GIPは栄養素を脂肪細胞に蓄積する作用や、骨芽細胞の機能を高めて骨へカルシウムを蓄積する作用などがあります。
GLP-1は中枢神経における食欲抑制、肝臓における糖新生抑制、グルコース産生抑制といったさまざまな作用を有します(図2)。

図2. GLP-1の多様な作用1)

インクレチンの多様な作用
  • 中枢神経:食欲抑制、学習促進

  • 胃・腸管:胃内容排出遅延、消化管運動抑制

  • 膵β細胞:血糖依存的なインスリン分泌促進、β細胞の成長・再生・新生促進、β細胞死抑制

  • 膵α細胞:グルカゴン分泌抑制

  • 肝:糖新生抑制、グルコース産生抑制

  • 筋、脂肪:グルコース取り込み促進、グリコーゲン合成促進

  • 心:心筋細胞保護、心室収縮力増強

  1. 1)Drucker DJ, et al.: Cell Metabolism, 3, 153-165, 2006より作図

KK-16-06-14561
2016年6月

おすすめ情報

  • おすすめ情報は、協和キリンのウェブサイトにおける個人情報の取扱い方針に基づき、お客様が閲覧したページのアクセス情報を取得し、一定の条件に基づき自動的に表示しています。
    そのため、現在ご覧いただいているページの情報との関連性を示唆するものではございません。

くすり相談窓口

弊社は、日本製薬工業協会が提唱するくすり相談窓口の役割・使命に則り、くすりの適正使用情報をご提供しています。
弊社医薬品に関するお問い合わせは、下記の電話窓口で承っております。

フリーコール

0120-850-150

受付時間 9:00~17:30
(土・日・祝日および弊社休日
を除く)

※緊急事態宣言の発令を受け、当面の間、一部業務を在宅勤務対応に切り替え、規模を縮小して運営しているため、お電話が繋がりにくい可能性があります。

※お電話の内容を正確に承るため、また、対応品質の維持・向上等のため通話を録音させていただいております。あらかじめご了承ください。

お問い合わせ