KYOWA KIRIN

このサイトは、日本国内の医療関係者(医師、薬剤師、看護師、技師・技士等)を対象に、弊社が販売する医療用医薬品を適正にご使用いただくための情報を提供しています。国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

クリニカルパス・その他ツール

クリニカルパス・その他ツール

長岡赤十字病院・長岡市役所

クリニカルパス・その他ツール
山﨑 肇
長岡赤十字病院副院長/ 腎臓内科部長・総合診療科部長
保坂淳子
長岡市福祉保健部健康課成人保健係/ 保健師

長岡市で使用しているCKD 重症化予防のための
フローチャートと通知書などの様式を紹介します。

図1 長岡市CKD重症化予防フローチャート

図1 長岡市CKD重症化予防フローチャート

図2 腎機能検査結果についてのお知らせ

図2 腎機能検査結果についてのお知らせ

図3 診療依頼書兼結果通知書

図3 診療依頼書兼結果通知書

長岡市では2015年度より,特定健診の結果でCKDが強く疑われた方に対して受診勧奨と保健指導を行っています。受診勧奨は図1のフローチャートの流れで実施します。健診受診者へは,受診者全員にeGFRを通知し,受診勧奨の対象と判断された方には「腎機能検査結果についてのお知らせ」(図2)を通知します。

かかりつけ医がある方は,かかりつけ医を受診していただき,健診結果が[1] 尿蛋白2+以上,[2] 尿蛋白1+以上かつeGFR<45,[4] 尿蛋白,尿潜血ともに1+以上のいずれかに該当していた場合には,健診時は濃縮尿で尿所見が偽陽性となりやすいため再度尿検査を実施します。そのうえで紹介不要と判断された場合は,かかりつけ医が「診療依頼書兼結果通知書」(図3)を市へ提出。紹介が必要と判断された場合は,図3の通知書は市へ提出し,任意の様式で腎臓内科へ紹介していただきます。その後,腎臓内科で精密検査を実施して,かかりつけ医へ返戻するまたは専門医で治療を継続するなど今後の治療方針を検討していただきます。かかりつけ医がない方は,直接腎臓内科を受診します。かかりつけ医と腎臓内科の紹介・返戻の様式は任意とすることで,よりスムーズなやりとりが可能になるよう配慮しました。

長岡市では,「CKD診療ガイド2012」1)に準じて紹介基準を設定していますが,市の受診勧奨基準を満たしていなくても,かかりつけ医が紹介したほうがよいと判断された場合や,健診を受けられた方ご自身が希望された場合には,積極的に腎臓内科へ紹介していただくようにしています。

引用文献

  1. 1.日本腎臓学会 編. CKD 診療ガイド2012. 東京: 東京医学社; 2012.

KK-17-10-20313

サイトリニューアルに伴うログインについてのお知らせ

サイトリニューアルに伴い、ログイン用のIDをメールアドレスに変更いたしました。ログインできない場合はこちらのパスワード再設定画面で再設定いただくか、 こちらにお問い合わせください。

おすすめ情報

  • おすすめ情報は、協和キリンのウェブサイトにおける個人情報の取扱い方針に基づき、お客様が閲覧したページのアクセス情報を取得し、一定の条件に基づき自動的に表示しています。
    そのため、現在ご覧いただいているページの情報との関連性を示唆するものではございません。

くすり相談窓口

弊社は、日本製薬工業協会が提唱するくすり相談窓口の役割・使命に則り、くすりの適正使用情報をご提供しています。
弊社医薬品に関するお問い合わせは、下記の電話窓口で承っております。

フリーコール

0120-850-150

受付時間 9:00~17:30
(土・日・祝日および弊社休日
を除く)

※お電話の内容を正確に承るため、また、対応品質の維持・向上等のため通話を録音させていただいております。あらかじめご了承ください。

お問い合わせ