KYOWA KIRIN

このサイトは、日本国内の医療関係者(医師、薬剤師、看護師、技師・技士等)を対象に、弊社が販売する医療用医薬品を適正にご使用いただくための情報を提供しています。国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

てんかんアラカルトvol.5 英国王室で秘密にされたてんかん [てんかん診療Q&A]

vol.5 英国王室で秘密にされたてんかん

写真は、英国王ジョージ5世(1865~1936、在位1910~1936)とメアリ妃の末子のJohn Charles Francis (1905~1919)、すなわちジョン王子である。米国女性シンプソン夫人とのスキャンダルで有名な英国王のエドワード8世(1894~1972、在位1936年)は長兄にあたる。アカデミー賞作品賞を受賞した映画「英国王のスピーチ」で有名になった英国王ジョージ6世(1895~1952、在位1936~1952)は次兄にあたる。2003年の英国映画"The Lost Prince"「日本語題名、プリンス」は、ジョン王子の短い生涯を描いた作品である。映画では、1914年の第一次世界大戦開戦や1917年のロシア革命などの激動の時代に、国王の従兄であるドイツ皇帝や従弟のロシア皇帝などとの確執をめぐって、英国王室の家族関係や親族関係が描かれている。

ジョン王子は生来、軽度の自閉症があったといわれ、4歳のときにてんかんを発病した。1916年からはノーフォークのサンドリンガム・ハウス宮殿敷地内のウッド農場に隔離され、人々の目から隔絶された。映画では、両親はジョンに愛情をもって接することはなく、次兄ジョージ(ジョージ6世の幼名)のみがジョンを理解し、親しく接していたように描かれている。乳母の献身的な養育を受けたが、世間から隠された存在のまま13歳で夭折した。早朝の睡眠中に重篤な発作が発来し、発作後の突然死とされている1)。ジョンの病気は彼の死後2日目にデイリーミラー紙で初めて明らかにされた。てんかんが英国王室によってstigmatizeされたことになる。このような映画が作られ、また2008年には"Prince John: the Windsor's Tragic Secret"「ジョン王子:ウインザー家の悲劇的な秘密」というドキュメンタリー番組が公的なTVチャネル4で放映される英国、あるいは英国王室のオープンさには敬意を表したい。

【参考文献】

  • Scorza FA, Arida RM, Scorza CA et al: The King's Speech: Should SUDEP be part of the script? Epilepsy Beh 21: 212-213, 2011.

【ご注意】本コンテンツを当社の許可なく無断転載・配布することを禁止します。
転載・複製を希望する方は、あらかじめ お問い合わせ ください。

KK-16-05-14322

てんかんアラカルト

サイトリニューアルに伴うログインについてのお知らせ

サイトリニューアルに伴い、ログイン用のIDをメールアドレスに変更いたしました。ログインできない場合はこちらのパスワード再設定画面で再設定いただくか、 こちらにお問い合わせください。

おすすめ情報

  • おすすめ情報は、協和キリンのウェブサイトにおける個人情報の取扱い方針に基づき、お客様が閲覧したページのアクセス情報を取得し、一定の条件に基づき自動的に表示しています。
    そのため、現在ご覧いただいているページの情報との関連性を示唆するものではございません。

くすり相談窓口

弊社は、日本製薬工業協会が提唱するくすり相談窓口の役割・使命に則り、くすりの適正使用情報をご提供しています。
弊社医薬品に関するお問い合わせは、下記の電話窓口で承っております。

フリーコール

0120-850-150

受付時間 9:00~17:30
(土・日・祝日および弊社休日
を除く)

※お電話の内容を正確に承るため、また、対応品質の維持・向上等のため通話を録音させていただいております。あらかじめご了承ください。

お問い合わせ