KYOWA KIRIN

このサイトは、日本国内の医療関係者(医師、薬剤師、看護師、技師・技士等)を対象に、弊社が販売する医療用医薬品を適正にご使用いただくための情報を提供しています。国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

疾病の治療と臨床検査値
【細菌感染症】抗生物質の使用は細菌感受性テストが基本

Episode のどがまっ赤! でも「まだ頑張る」と言う藤沼さん(55歳・男性)

 「のどが痛くてねぇ。熱も少しあるんだけど、新製品の発売まであと1週間だから、とても休むわけにはいかないんだよ」とアモキシシリン水和物カプセルの処方せんを持参したのは藤沼さんです。
 「なーに、このくすりで前もすぐに効いたから大丈夫だよ」と、続けて言います。
 「藤沼さん、抗生物質は"前に効いたから今度も効く"とは限らないのですよ。細菌がその間に効かなくなるような耐性を獲得してしまう場合もあるのですから」
 「え? そうなの」
 「そうですよ。今回は"とりあえず効きそうなくすり"が出されたのです。ところで、のどのぬぐい液をとられたでしょ?」
 「うん、"口をあーんとあけて"といわれて、のどをこすったときのかな」
 「それですよ。藤沼さんののどの細菌を培養してそれに効く薬を探すためです」
 「そうか! もしこれが効かなかったら、こんど来たときにはもっと効くくすりがわかっているのだな?」
 「はい! その通りです。ですから無茶しちゃ駄目ですよ」
 「よ~し! じゃー今日も徹夜で頑張るか!」と、どう言っても聞かない藤沼さんでした。

解説

 感染症にかかると、発熱や腫れ、痛みなどの自覚症状を伴い、血液中の白血球数が増加し、血沈が亢進します。そして、感染症の経過は通常CRP で追跡されます。

  • 細菌感受性検査(基準値 陰性(-))

     どんな細菌に感染したかを、細菌を培養して調べます。そして、培地の中に感受性ディスクという抗菌物質や抗生物質を含ませたものを置いて、細菌の発育阻止円を作り、その細菌にどの抗生物質が効くかを調べます。

  • 白血球数(基準値4000~8000/μL(静脈血))

     感染によって細菌などが体内に進入した場合、骨髄でさかんに白血球が作られますので白血球が増加します。血液中の白血球は細菌や異物を自分の中に取り込み、分解して無毒化するからです。

  • 赤血球沈降速度(血沈)
    (基準値 1時間後男性2 ~10mm、女性3 ~15mm)

     採取した血液に抗凝固剤を混ぜてガラス管に1時間入れておいたときの赤血球が沈む具合を見ます。男女とも20mm 以上の場合はなんらかの感染症があるとみなします。

  • C-反応性蛋白(CRP)(基準値0.3mg/dL以下)

     炎症や組織破壊がある場合に血清中に増加します。この検査で病気を特定することはできませんが、病気の進行度や重症度、経過、予後などを知るには大事な指標です。

サイトリニューアルに伴うログインについてのお知らせ

サイトリニューアルに伴い、ログイン用のIDをメールアドレスに変更いたしました。ログインできない場合はこちらのパスワード再設定画面で再設定いただくか、 こちらにお問い合わせください。

おすすめ情報

  • おすすめ情報は、協和キリンのウェブサイトにおける個人情報の取扱い方針に基づき、お客様が閲覧したページのアクセス情報を取得し、一定の条件に基づき自動的に表示しています。
    そのため、現在ご覧いただいているページの情報との関連性を示唆するものではございません。

くすり相談窓口

弊社は、日本製薬工業協会が提唱するくすり相談窓口の役割・使命に則り、くすりの適正使用情報をご提供しています。
弊社医薬品に関するお問い合わせは、下記の電話窓口で承っております。

フリーコール

0120-850-150

受付時間 9:00~17:30
(土・日・祝日および弊社休日
を除く)

※お電話の内容を正確に承るため、また、対応品質の維持・向上等のため通話を録音させていただいております。あらかじめご了承ください。

お問い合わせ