KYOWA KIRIN

このサイトは、日本国内の医療関係者(医師、薬剤師、看護師、技師・技士等)を対象に、弊社が販売する医療用医薬品を適正にご使用いただくための情報を提供しています。国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

二次性副甲状腺機能亢進症とは

二次性副甲状腺機能亢進症は、慢性腎臓病(慢性腎不全)の進行に伴って発症する、透析患者さんにとって主要な合併症のひとつで、副甲状腺からホルモン(PTH)が過剰に分泌され、血液中のカルシウム濃度を必要以上に上昇させてしまう病気です。

二次性副甲状腺機能亢進症の原因と病態

副甲状腺と副甲状腺ホルモン(PTH)の働き

二次性副甲状腺機能亢進症という病気をよく理解いただくためには、副甲状腺という臓器とこの臓器から分泌される副甲状腺ホルモン(PTH)の働きを知る必要があります。
副甲状腺は、甲状腺の裏側にある米粒大の臓器で、通常左右の上下に計4つ存在し、PTHの合成・分泌をしています。
副甲状腺から分泌されるPTHは、血液中のカルシウム濃度やリン濃度、骨のカルシウム量を調節する重要な役割を担っています。たとえば、血液中のカルシウム濃度が低下する、あるいは、リン濃度が上昇すると、副甲状腺はPTHの分泌量を増加させます。分泌されたPTHは、骨に作用して骨からカルシウムを溶かし出したり、尿中へのリンの排泄を促したりします。

腎臓の働きと腎機能低下

腎臓の重要な働きのひとつに「活性型ビタミンD3の産生」があります。活性型ビタミンD3は、腸管からのカルシウム吸収を促し、骨を丈夫に保つホルモンで、ビタミンDが肝臓と腎臓で活性化されることで産生されます。透析患者さんのように腎臓の機能が著しく低下している場合、活性型ビタミンD3が低下し、カルシウムが十分に吸収できなくなります。その結果、血液中のカルシウム濃度が低下し「低カルシウム血症」が起こります。また、腎機能の低下により尿中へのリンの排泄もできなくなるため、血液中のリン濃度が上昇し「高リン血症」が起こります。

正常な人の場合
透析患者さんの場合 腎臓の働きが悪いために...ミネラルの調整がうまくできません。活性型ビタミンD3を作れません。

二次性副甲状腺機能亢進症の病態

維持透析下の患者さんでは、「低カルシウム血症」と「高リン血症」の状態が長期にわたって持続します。患者さんの体内では、低下した血液中のカルシウム濃度を上昇させるために、また、上昇した血液中のリン濃度を低下させるために、副甲状腺が刺激されPTHの分泌量が増加します。
元来PTHの働きは、血液中のカルシウム濃度の低下に伴う生体防御システムでしたが、透析患者さんのように副甲状腺への刺激が長期にわたる場合、刺激によって副甲状腺は腫大し、やがて血液中のカルシウム濃度に関係なく、PTHが過剰に分泌されるようになります。PTHの過剰分泌により必要以上に血液中のカルシウム濃度が上昇した状態を「二次性副甲状腺機能亢進症」と呼びます。

FGF23:線維芽細胞増殖因子 (fibroblast growth factor) 23

二次性副甲状腺機能亢進症の症状

二次性副甲状腺機能亢進症では、過剰に分泌されたPTHが骨に作用し、骨から血液中にカルシウムとリンを溶かし出します。進行すると、次のような病態を認めることがあります。

骨折 体がかゆい イライラ 心筋梗塞

線維性骨炎

骨密度が低下し、骨がスカスカの線維状になってしまう「線維性骨炎」を発症します。線維性骨炎では、「骨や関節が痛む」「骨がもろく骨折しやすい」などの症状が現れます。

骨の新陳代謝(リモデリング)とは

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

骨は髪や肌と同じように新陳代謝(リモデリング)を繰り返しています。古くなった骨を壊す「破骨細胞」と新しい骨を作る「骨芽細胞」のバランスのとれた働きによって、骨量が安定し、骨のしなやかさや強さが保たれているのです。
PTHが過剰に働くと、骨のリモデリングが活発になり過ぎ、骨が作られるスピードよりも壊されるスピードが速くなることがあります。

異所性石灰化

骨から溶かし出したカルシウムとリンが骨以外のところに沈着する「異所性石灰化」が引き起こされます。異所性石灰化が生じる部位はさまざまです。

一般的な動脈硬化は、血液中コレステロールや脂肪などが血管に沈着し起こりますが、透析患者さんでは、これらに加えて、カルシウムとリンが「ハイドロキシアパタイト」として沈着する(石灰化)という危険因子がプラスされます。血管の石灰化が進行すると、狭心症、心筋梗塞、心不全、不整脈、脳梗塞、脳出血、閉塞性動脈硬化症といった重大な疾患を合併する危険性が高まります。

骨折 体がかゆい イライラ 心筋梗塞

検査(ルーチン検査、測定頻度)

定期的に行われる検査と検査項目

透析療法中は、自己管理がきちんとできているか、透析が過不足なく行われているか、合併症が起こっていないかを確認するために定期的に血液検査が行われます。検査項目のうち二次性副甲状腺機能亢進症の症状である「骨の代謝異常」に関係するのが、リン、カルシウム、PTHの値です。いずれの検査項目も、管理目標の範囲内に適正にコントロールされていることが大切で、高値も低値も注意が必要です。

表:骨の代謝異常を確認する検査項目と目標値

検査項目 目標値(※ 週の初回透析開始時の値)
血清リン(P)濃度 3.5~6.0mg/dL
血清補正カルシウム(Ca)濃度 8.4~10.0mg/dL
血清iPTH濃度 60~240pg/mL

田中寿絵ら:腎臓内科・泌尿器科6(5):355-363, 2017より改変

測定頻度

血清リン濃度と血清カルシウム濃度は、通常は月に1~2回測定します。ただし、管理目標値から著しく逸脱した場合、あるいはその危険性が高い場合は、その値が安定するまではより頻回に測定します。次にPTHですが、通常3ヵ月に1回測定します。ただし、管理目標値から逸脱した場合、PTH濃度を低下させるための積極的な治療施行中では、安定するまで1ヵ月に1回の測定が推奨されています。

静注活性型ビタミンD3製剤、Ca受容体作動薬の服用、選択的エタノール注入療法副甲状腺摘除術などを指します。

内科的治療(薬物療法)

二次性副甲状腺機能亢進症の治療の主体は、血液中のリンとカルシウムをコントロールし、PTHの過剰分泌を抑制することで、二次性副甲状腺機能亢進症による合併症の悪化を防ぎます。二次性副甲状腺機能亢進症の内科的治療には、活性型ビタミンD3製剤とカルシウム受容体作動薬が用いられています。

外科的治療(手術)

内科的治療(薬物療法)で十分な効果が得られない高度の二次性副甲状腺機能亢進症は、骨や関節の痛み、筋力の低下などの自覚症状の原因となるだけでなく、血管の石灰化を介して、患者さんの生命予後に深刻な影響を及ぼすことが指摘されています。

二次性副甲状腺機能亢進症が進行すると、副甲状腺が腫大(腫れて体積が増した状態)し、血液中のリン、カルシウム濃度が管理目標値の範囲内にあっても、PTHの過剰分泌が持続します。こうした高度の二次性副甲状腺機能亢進症は、腫大した副甲状腺を摘出する「副甲状腺摘出術(PTx)」の適応となります。これまでの研究から、高度な二次性副甲状腺機能亢進症に対するPTxの実施は、PTH値を劇的に低下させ、血液中のリン、カルシウム濃度のコントロールを可能にするとともに、透析患者さんにおける骨折リスクの低減、生命予後改善につながる可能性が示されています。

この他の外科治療として、腫大している副甲状腺が1腺のみで、穿刺可能な部位である場合に「副甲状腺薬物直接注入療法(PEIT)」が適応される場合があります。

KK-18-06-22553

サイトリニューアルに伴うログインについてのお知らせ

サイトリニューアルに伴い、ログイン用のIDをメールアドレスに変更いたしました。ログインできない場合はこちらのパスワード再設定画面で再設定いただくか、 こちらにお問い合わせください。

おすすめ情報

  • おすすめ情報は、協和キリンのウェブサイトにおける個人情報の取扱い方針に基づき、お客様が閲覧したページのアクセス情報を取得し、一定の条件に基づき自動的に表示しています。
    そのため、現在ご覧いただいているページの情報との関連性を示唆するものではございません。

くすり相談窓口

弊社は、日本製薬工業協会が提唱するくすり相談窓口の役割・使命に則り、くすりの適正使用情報をご提供しています。
弊社医薬品に関するお問い合わせは、下記の電話窓口で承っております。

フリーコール

0120-850-150

受付時間 9:00~17:30
(土・日・祝日および弊社休日
を除く)

※お電話の内容を正確に承るため、また、対応品質の維持・向上等のため通話を録音させていただいております。あらかじめご了承ください。

お問い合わせ