KYOWA KIRIN

このサイトは、日本国内の医療関係者(医師、薬剤師、看護師、技師・技士等)を対象に、弊社が販売する医療用医薬品を適正にご使用いただくための情報を提供しています。国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。
このサイトのご利用に際しては、協和キリンメディカルサイトのご利用条件が適用されます。

学会共催セミナー

  • 第23回日本在宅血液透析学会 共催セミナー 3

    2021年9月19日(日)11:50~13:00

    腎不全患者における腎性貧血治療
     
    座長:
    埼玉医科大学総合医療センター 腎・高血圧内科 准教授 血液浄化センター長
    小川 智也 先生
    演者:
    特定医療法人あかね会中島土谷クリニック 院長
    森石 みさき 先生

    共催:第23回日本在宅血液透析学会 / 協和キリン株式会社


    ※本共催セミナーはweb配信です。学会HPよりご登録された方がご覧になれます。
    詳細は学会HPをご参照ください。

    学会HP ※外部サイトに遷移します

  • 第34回日本臨床内科医学会 共催セミナー 4

    2021年9月19日(日)13:00~13:50

    CKDリスク管理における貧血治療の現状と課題
     
    座長:
    せいの内科クリニック 院長
    清野 弘明 先生
    演者:
    福島県立医科大学 腎臓高血圧内科学講座 准教授
    田中 健一 先生

    共催:第34回日本臨床内科医学会 / 協和キリン株式会社


    ※本共催セミナーはWebライブ配信です。
    学会HPよりご登録された方がご覧になれます。
    詳細は以下学会HPをご参照ください。

    学会HP ※外部サイトに遷移します

  • 第51回日本腎臓学会東部学術大会 ランチョンセミナー 3

    2021年9月25日(土)12:00~13:00

    CKDトータルケア:診療連携と合併症対策の実際
     
    司会 / 演者:
    東京慈恵会医科大学 腎臓・高血圧内科 主任教授 
    横尾 隆 先生
    演者:
    東海大学医学部 腎内分泌代謝内科 准教授 
    和田 健彦 先生

    共催:第51回日本腎臓学会東部学術大会 / 協和キリン株式会社 / グラクソ・スミスクライン株式会社


    ※本セミナーはWeb開催(Live配信)です。
    学会参加登録をされた方がご覧になれますので、学会HPより参加登録をお願いいたします。

    学会HP ※外部サイトに遷移します

製品コンテンツ 

疾患関連情報

    • オンデマンド動画

      8/17開催 オルケディア錠Webカンファレンス
      ~より良い透析医療を目指して~

      2021年8月17日(火) 18:30~18:50

      講演:
      異常気象と透析医療の災害対応
      演者:
      医療法人社団 赤塚クリニック 院長
      赤塚 東司雄 先生

      オンデマンド配信期間:2021年9月7日(火曜日)~9月21日(火曜日)

      オンデマンド動画を視聴する

    • HIF-PH阻害薬の作用機序

      HIF-PH阻害薬の作用機序を分かりやすいイラストで解説した動画です。

      2020年10月23日登載

    • 慢性疾患と腎性貧血

      糖尿病、循環器疾患と貧血の関係、高齢者におけるCKDと貧血に関するデータと、腎性貧血の診断についてのガイドラインの記載内容を紹介したリーフです。
      【1】糖尿病と貧血の関係
      【2】循環器疾患と貧血
      【3】高齢者における慢性腎臓病(CKD)と貧血

      2021年2月2日公開

    • 健康寿命の延伸のための取り組み Part Ⅱ
      腎臓専門医の立場から『糖尿病性腎症重症化予防プログラムとDKD』

      我が国では健康寿命延伸のための取り組みが進んでおり、「循環器病対策推進基本計画」や「糖尿病性腎症重症化予防プログラム」など、今まで以上に診療領域の垣根を越えた連携が重要視されてきています。
      本動画では、『糖尿病性腎症重症化予防プログラムとDKD』をテーマに、深水 圭先生(久留米大学医学部 内科学講座 腎臓内科部門 主任教授)、辻田 賢一先生(熊本大学大学院生命科学研究部 循環器内科学講座 教授)に、腎臓専門医、循環器専門医の観点からそれぞれお話いただきました。

      2021年6月28日公開

    • 健康寿命の延伸のための取り組み Part Ⅰ
      循環器専門医の立場から『循環器病対策推進基本計画』

      我が国では健康寿命延伸のための取り組みが進んでおり、「循環器病対策推進基本計画」や「糖尿病性腎症重症化予防プログラム」など、今まで以上に診療領域の垣根を越えた連携が重要視されてきています。
      本動画では、『循環器病対策推進基本計画』をテーマに、熊本大学・辻田 賢一先生、久留米大学・深水 圭先生に、循環器専門医、腎臓専門医の観点からそれぞれお話いただきました。

      2021年5月31日公開

    保存期慢性腎臓病

    • 専門医に聞く
      糖尿病性腎臓病(DKD)と腎性貧血治療のいま
      第1回:糖尿病性腎臓病に潜む腎性貧血の影響

      糖尿病の重要な合併症のひとつに糖尿病性腎症が挙げられます。近年では、典型的な糖尿病性腎症とは異なる臨床経過をたどる非典型的な腎機能低下例を含め「糖尿病性腎臓病(DKD)」という病名が多く聞かれるようになりました。本動画では、猪阪善隆先生(大阪大学大学院医学系研究科 腎臓内科学 教授)と綿田裕孝先生(順天堂大学大学院医学研究科 代謝内分泌内科学 教授)に腎臓内科医、糖尿病医のそれぞれの視点から糖尿病患者における腎機能障害の概念変化と腎性貧血についてお話しいただきました。

      2021年3月11日公開

    • CKDトータルケア対談動画シリーズ Part.Ⅲ「糖尿病性腎臓病(DKD)における食事・運動療法の重要性」

      DKDにおける集学的治療の中でも食事・運動療法を含めた生活習慣の改善は非常に重要です。特に高齢者では、フレイルやサルコペニアを予防するための適切な食事・運動療法が求められます。「高齢者」「糖尿病」「腎臓」の観点から、DKDにおける食事・運動療法の重要性について、両先生にお話しいただきました。

      2020年05月15日登載

    • CKDトータルケア対談動画シリーズ Part.Ⅱ「糖尿病性腎臓病(DKD)における集学的治療の重要性」

      DKDの概念や、複数のリスク因子を包括的に管理する集学的治療の重要性について、腎臓の観点から荒木先生にお話しいただいています。また、杉本先生には、高齢者の観点から集学的治療を実践・継続していくための留意点や治療方針についてお話しいただきました。

      2020年4月1日登載

    • CKDトータルケア対談動画シリーズ Part.Ⅰ「5分で解説-腎性貧血治療- エビデンス・プラクティスギャップ解消のポイント」

      様々な疾患において、エビデンスに基づく診療を目指したガイドラインが作成され、活用されています。日常臨床ではガイドラインを適用するにあたり判断に迷われることがあるかもしれません。保存期腎性貧血の診療における、そのような「ギャップ」にどう対処するかを解説します。

      2020年03月16日登載

    • CKD LIAISON

      CKD領域において地域医療連携に積極的に取り組む医師へのインタビュー、施設紹介、診療技術・スキルの解説、クリニカルパスなどを紹介しています。

      2021年07月07日登載

    血液透析・腹膜透析

    • 透析施設における標準的な透析操作と感染予防に関するガイドライン(五訂版)について(2020年7月30日Webセミナーより)

      2020年7月30日の透析合併症対策Webセミナー(東京)において、「透析施設における標準的な透析操作と感染予防に関するガイドライン(五訂版)」をテーマに清湘会記念病院 腎臓内科 安藤亮一先生にご講演いただきました。安藤先生は本ガイドラインのワーキンググループの委員を務めておられます。
      動画は以下の3部構成です。
      〇前編:ガイドライン改訂のポイント、標準的透析操作、透析室設備と環境対策について
      〇中編:各種感染症患者に対する感染予防とその治療について
      ~肝炎ウイルス(HBV、HCV)、HIV、多剤耐性菌、ノロウイルス、結核~
      〇後編:COVID-19の感染予防策について

      2020年12月23日公開

    • 透析施設における標準的な透析操作と感染予防に関するガイドライン(五訂版)

      ~感染予防からみた透析診療内容のチェックリスト~

      2020年11月30日登載

    • 新型コロナウイルス感染の疫学と透析施設における感染対策(2020年6月18日Webセミナーより)

      2020年6月18日の透析合併症対策Webセミナーにおいて、透析医療におけるCOVID-19対策をテーマに下落合クリニック院長の菊地勘先生にご講演いただきました。菊地先生は日本透析医会・日本透析医学会・日本腎臓学会の、新型コロナウイルス感染対策合同委員会の委員長を務めておられます。
      動画は以下の3部構成です。
      〇前編:COVID-19の基本知識
      ○中編:透析患者さんのCOVID-19感染状況と行政の対応について
      ○後編:透析施設におけるCOVID-19の感染対策について

      2020年9月16日登載

    • 副甲状腺の特性から考える二次性副甲状腺機能亢進症の管理

      二次性副甲状腺機能亢進症における管理の重要性を、「治療反応性」と「限局管理」という2つの観点からご解説いただきました。

      2021年8月30日公開

    • 透析患者さんとあゆむ これからの透析医療 ~CKD-MBDの管理~

      患者さんの治療参画が重要な要素となる中で、経口薬は患者さんの主体的な行動を促すための有用なツールとなる可能性があることをご解説いただきました。

      2021年4月13日公開

    • 心血管合併症からカルシウム管理を考えてみる

      透析患者の死亡原因の第1位は心不全であり、その対応が重要視されています。透析患者における心不全は、左室収縮能は比較的保たれていて拡張不全が主体となる心不全(HFpEF)が多いことが明らかになってきています。HFpEFの発症には血管石灰化が関与していることが示唆されており、透析患者においては心血管合併症対策の観点からも適切なCa管理が求められます。本動画では、透析患者で認められる心不全の特徴やCa管理についてご解説いただきました。

      2020年12月23日公開

    • PTHコントロールからはじめるCKD-MBDマネジメント

      本動画では、維持透析患者の生命予後を改善するための重要な治療戦略の1つであるPTHコントロールについてご解説いただきました。

      2020年05月21日登載

    • PTHを見過ごさない!CKD-MBDにおける二次性副甲状腺機能亢進症治療の重要性と薬剤選択のポイント 前編

      慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常(CKD-MBD)の中でも、二次性副甲状腺機能亢進症は頻度が高く、適切な管理が求められます。本動画では、二次性副甲状腺機能亢進症患者さんのPTH管理の重要性と、カルシウム受容体作動薬などの薬剤選択のポイントを、2回にわたりご解説いただきました。

      2019年12月09日登載

    • PTHを見過ごさない!CKD-MBDにおける二次性副甲状腺機能亢進症治療の重要性と薬剤選択のポイント 後編

      慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常(CKD-MBD)の中でも、二次性副甲状腺機能亢進症は頻度が高く、適切な管理が求められます。本動画では、二次性副甲状腺機能亢進症患者さんのPTH管理の重要性と、カルシウム受容体作動薬などの薬剤選択のポイントを、2回にわたりご解説いただきました。

      2019年12月09日登載

    • 副甲状腺機能亢進症とは?

      二次性副甲状腺機能亢進症および副甲状腺癌、原発性副甲状腺機能亢進症の症状や治療法などを紹介しています。
      総監修:秋澤忠男先生(昭和大学医学部 内科学講座腎臓内科学部門 客員教授)

    • CKD-MBD道場【入門編】-二次性副甲状腺機能亢進症の巻-

      二次性副甲状腺機能亢進症の病態について一から学びましょう。
      本資材をご要望の方は、弊社MRまでお問い合わせください。

      2020年08月18日登載

    • CKD-MBD道場【入門編】-PTHとビタミンDの巻-

      副甲状腺ホルモン(PTH)とビタミンDの基礎と体内での役割を一から学びましょう。
      本資材をご要望の方は、弊社MRまでお問い合わせください。

      2020年08月18日登載

    • CKD-MBD道場【入門編】-リン・カルシウムの巻-

      リン(P)とカルシウム(Ca)の基礎と体内での役割を一から学びましょう。
      本資材をご要望の方は、弊社MRまでお問い合わせください。

      2020年08月18日登載

    • 透析電卓

      Kt/V等の透析に関わるデータを求めることができるツールです。

      2020年9月更新

    • 透析電卓(栄養編)

      透析患者さんのリン・塩分摂取量(推算値)等を計算できます。

      2020年9月更新

    • 腎領域シリンジシール印刷支援ソフト

      腎領域製品のシリンジシールが簡単に作成できるエクセルソフトです。

      2019年08月登載

医療施設の取り組み事例紹介

  • 透析施設最前線

    全国の透析施設を紹介しています。

    2021年08月06日登載

  • CKD LIAISON

    CKD領域において地域医療連携に積極的に取り組む医師へのインタビュー、施設紹介、診療技術・スキルの解説、クリニカルパスなどを紹介しています。

    2021年07月07日登載

冊子・資材

保存期慢性腎臓病

  • マンガで分かる慢性腎臓病(CKD)

    慢性腎臓病(CKD)についてマンガで分かりやすく解説しています。
    CKDや腎臓について学習できる内容になっています。
    本資材をご要望の方は、弊社MRまでお問い合わせください。

    監修:一般社団法人 日本腎臓学会 理事長 柏原 直樹 先生
    ※資材作成時点のご所属とさせていただいております。

    2021年03月公開

  • マンガで分かる腎性貧血

    CKDの合併症である腎性貧血についてマンガで分かりやすく解説しています。
    腎性貧血の発症や治療方法について学習できる内容になっています。
    本資材をご要望の方は、弊社MRまでお問い合わせください。

    監修:一般社団法人 日本腎臓学会 理事長 柏原 直樹 先生
    ※資材作成時点のご所属とさせていただいております。

    2021年03月公開

  • CKD(慢性腎臓病)いきいき健康手帳

    保存期CKD(慢性腎臓病)患者さん向けCKD手帳です。
    CKDや腎臓について学習できるページに加え、検査値や家庭血圧を記入できる手帳です。
    本資材をご要望の方は、弊社MRまでお問い合わせください。

    監修:筑波大学 医学医療系 腎臓内科学 教授 山縣 邦弘 先生
    ※資材作成時点のご所属とさせていただいております。

    2020年02月登載

  • DREAM CKD:やせすぎないための電子レンジクッキング

    増加する高齢慢性腎臓病患者さんを対象にした、食に関する冊子です。 (見やすい様に、B5版で大きな文字やイラストを用いています)
    本資材をご要望の方は、弊社MRまでお問い合わせください。

    2020年9月作成

  • DREAM CKD:高齢慢性腎臓病患者さんの食材・食品選びのポイント

    増加する高齢慢性腎臓病患者さんを対象にした、食に関する冊子です。 (見やすい様に、B5版で大きな文字やイラストを用いています)
    本資材をご要望の方は、弊社MRまでお問い合わせください。

    2020年9月作成

  • DREAM CKD:高齢慢性腎臓病患者さんの栄養管理とコンビニメニュー選び

    増加する高齢慢性腎臓病患者さんを対象にした、食に関する冊子です。 (見やすい様に、B5版で大きな文字やイラストを用いています)
    本資材をご要望の方は、弊社MRまでお問い合わせください。

    2020年9月作成

  • もっと知ってほしい 自分や家族の血圧や腎臓のこと

    腎硬化症を患者さんに知っていただくための冊子です。
    本資材をご要望の方は、弊社MRまでご連絡ください。

    2020年04月07日更新

血液透析・腹膜透析

文献情報

  • kidney INTERNATIONAL 日本語版

    『kidney INTERNATIONAL』日本語版webサイト(運営:ワイリー・パブリッシング・ジャパン株式会社)をご覧いただけます。

  • Journal Topics

    腎臓領域の最新海外文献情報を提供しています。

おすすめ情報

  • おすすめ情報は、協和キリンのウェブサイトにおける個人情報の取扱い方針に基づき、お客様が閲覧したページのアクセス情報を取得し、一定の条件に基づき自動的に表示しています。
    そのため、現在ご覧いただいているページの情報との関連性を示唆するものではございません。

くすり相談窓口

弊社は、日本製薬工業協会が提唱するくすり相談窓口の役割・使命に則り、くすりの適正使用情報をご提供しています。
弊社医薬品に関するお問い合わせは、下記の電話窓口で承っております。

フリーコール

0120-850-150

受付時間 9:00~17:30
(土・日・祝日および弊社休日
を除く)

※新型コロナウィルスの感染予防・感染拡大防止を全社方針として徹底していくことから、お電話が繋がりにくい可能性があります。

※お電話の内容を正確に承るため、また、対応品質の維持・向上等のため通話を録音させていただいております。あらかじめご了承ください。

お問い合わせ